保険会社の提示する損害賠償額のうちの慰謝料については、最低補償である自賠責保険基準(1日4200円×2×日数)で提示される場合が結構あります。しかし、裁判基準によれば、それより、かなりの上積みが期待できるので、交渉の必要があります。
 また、主婦労働の休業補償が主張できる場合でも、保険会社の示談案においては、それを考慮していない場合がよく見受けられます。また、後遺障害に関する慰謝料や逸失利益についても保険会社の示談案は低額のため、大幅な上積みが期待できる場合が多いです。
 ですので、保険会社が提示してきた示談案の損害賠償額が十分かどうかは、専門家(弁護士)に判断してもらい、場合によっては、示談交渉を依頼する必要があると思います。