たしかに、たとえば、相続人は、被相続人が多額の借金をしているため、相続放棄をせざるを得ない場合でも、自分を受取人として掛けられた生命保険金は受け取ることができます。その意味では、生命保険金の受取と相続は関係がないとも言えます。
しかし、遺産分割における相続分価格の算定に当たっては、遺産総額における生命保険金の割合等の事情によって、生命保険金も相続分価格に勘定されてしまう場合があるので要注意です。また、非課税限度を超える死亡保険受取金は、相続税の課税対象となりますので、これにも留意するべきです。