遺産の大きな部分が不動産の場合、不動産を相続人の一人が取得するならば、その相続人は、他の相続人に対して、その相続分に応じて、代償金を支払って、遺産分割しなければなりません。そうすると、代償金の金額を公平に決めるには、不動産の時価評価が必要です。
しかし、土地も建物も、固定資産評価額や相続税評価額(路線価)は時価と乖離しており、また、賃貸マンションや貸家は基本的に収益価格が時価というべきですので、不動産の時価評価は難しいものです。この点、当事務所では、不動産鑑定士の資格をもった弁護士がいますし、また、弁護士全員が定期的に多くの不動産鑑定士と定期的な勉強会を行っていますので、どの弁護士に依頼しても、不動産評価に関しては、専門的な知見を発揮することができます。