障害のある人のアートと著作権に関するセミナー

平成29年2月18日,3月18日の2日間,Good Job!センター香芝にて開催されました,「障害のある人のアートと著作権に関するセミナー」で田中弁護士,高島弁護士が講師を担当しました。

「障害のある人にとってのアート活動は,その才能をいかんなく発揮し,ひとりの人格的存在として自己をアピールする,重要な活動だと思います。そして,彼らのアート活動をサポートするためには,著作権等の知識が必要になってくるでしょう。著作権は,アート活動に携わる人々の権利を保護するためのものだからです。著作権は難しいものではありません。彼らをサポートする人々が,著作権等の権利について正しく理解し,彼らのアート活動に助力することによって,彼らの表現はより自由に,より新しいものになっていくでしょう。私たちの講演が,そのための手助けとなることを願っています。」
弁護士 田中啓義

「著作権,商標権,意匠権等,知的財産法分野を扱っている弁護士は,奈良ではそう多くはないでしょう。しかし,個人や企業等が表現活動や営業活動をするうえで,これらの知的財産法の知識が重要になってくる場面もあると思います。権利の譲渡についての交渉や契約書の作成,申請や登録の手続き等です。私たちは,法律の専門家として,知的財産法分野においてお困りの方についても助力できるよう,日々精進してまいります。」
弁護士 高島雄一郎

資料「著作権、商標権、意匠権」

資料「事業所における著作物の積極的展開」

資料「障害のある人のアートと著作権平成29年2月18日」

関連キーワード
  • 当事務所の瀧口勇弁護士が,日本経済新聞「事業承継・M&A弁護士50選」に紹介されました。
  • 知的財産権に関する勉強会
  • 中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業
  • 障害のある人のアートと著作権に関するセミナー
  • 経営革新等支援機関
  • 事業承継・M&Aエキスパート
おすすめの記事
弁護士谷野智彦
平成26年11月8日、当事務所の谷野智彦弁護士が事務局長を務める原野商法2次被害の未来土地被害対策弁護団の説明会開催に向けての記者会見の模様...
ニュース
誠に勝手ながら,弊所は,平成28年12月28日(水)から平成29年1月5日(木)まで,年末年始休業とさせていただきます。 皆さまには何かとご...
弁護士深水麻里
一般廃棄物処理施設の建設に係る自然公園法20条3項に基づく許可の差止請求について、①許可がされた後に取消訴訟等を提起して執行停止の決定を受け...