一般廃棄物処理施設の建設に係る自然公園法20条3項に基づく許可の差止請求について、①許可がされた後に取消訴訟等を提起して執行停止の決定を受けることが可能であり、事前に差止めを命ずる方法によらなければ救済を受けることが困難なものであるとはいえず、重大な損害を生ずるおそれがあるとは認められないとしたものの、②同法は、周辺の優れた自然の風致景観が害されることがないという利益を個々人の個別的利益としても保護すべきものとする趣旨を含むとして、近隣住民に原告適格が認めた大阪高平成26年4月25日判決が判例地方自治NO.387に掲載されました。
http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=10_1010_101071005&products_id=8687&previouslink=3

  • 便利屋被害弁護団
  • 中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業
  • ゴルフスタジアム被害相談会
  • 便利屋被害対策弁護団
  • 匿名組合
  • 行政訴訟の原告適格
おすすめの記事
ニュース
平成27年10月5日(月)~11日(日)までの1週間 当事務所にて,「無料法律相談週間」を実施いたします。 各日,3分野について,無料でご相...
弁護士深水麻里
奈良弁護士会有志で結成された便利屋被害弁護団で取り組んでいた訴訟について、消費者契約法による取消と共に慰謝料請求等を認める全額認容の判決が出...
ニュース
交通事故Q&Aを新たに追加しました。 「取扱業務」⇒「交通事故」⇒「Q&A」からご確認頂けます。 交通事故Q&Aでは,交通事故相談に関するよ...
弁護士深水麻里
消費者法ニュース第102号に 匿名組合出資証券の出資金名目で支払わせた金額について、不法行為に基づく損害賠償請求を認めると共に、代表社員(法...
ニュース
誠に勝手ながら,弊所は,平成28年12月28日(水)から平成29年1月5日(木)まで,年末年始休業とさせていただきます。 皆さまには何かとご...