奈良弁護士会有志で結成された便利屋被害弁護団で取り組んでいた訴訟について、消費者契約法による取消と共に慰謝料請求等を認める全額認容の判決が出ました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180510-OYT1T50075.html 当事務所からは、谷野智彦弁護士と深水麻里弁護士が参加しました。

おすすめの記事
企業法務
当事務所の瀧口勇弁護士が,「事業承継・M&Aエキスパート」の試験に合格しました。 「「事業承継・M&Aエキスパート」試験は,事業譲渡,合併,...
ならどっとFM
弁護士田中啓義-活動実績等(弁護士別)
平成26年から、当事務所の所長である田中啓義が、毎月第3金曜日16時半から16時45分まで、奈良どっとFMの「ラジオでちょっと相談」に出演し...
110番
奈良次々販売弁護団(奈良弁護士会所属の弁護士有志13名で構成)で110番を実施します。 電話番号  0742-93-8555(1回線) 日 ...
弁護士深水麻里-活動実績等(弁護士別)
判例地方自治NO455(令和2年3月号)に、市税の滞納処分として行った差押処分が、超過差押に該当するとして、差押処分の取消を認めた奈良地平成...