判例地方自治NO455(令和2年3月号)に、市税の滞納処分として行った差押処分が、超過差押に該当するとして、差押処分の取消を認めた奈良地平成31年2月21日判決が紹介されました。本訴訟の担当は深水麻里弁護士です。

  • 市差押処分取消請求事件
  • 当事務所の弁護士田中啓義の活動が毎日新聞で紹介されました。
  • 便利屋被害弁護団
  • 当事務所が,日経MOOK「相続&事業承継プロフェッショナル名鑑2018年版」に紹介されました。
  • 当事務所の瀧口勇弁護士が,日本経済新聞「事業承継・M&A弁護士50選」に紹介されました。
  •  当事務所所長である田中啓義が、「経営者の人生を守る!!」本音の話  菊岡正博著カナリアコミニュケーションズの帯紙にコメントを記載しています。
おすすめの記事
障害のある方に対する支援活動
ニュース
当事務所は、障害のある人のアート活動について支援しており、現在、社会福祉法人以和貴会(奈良県香芝市)に所属するメンバーの描いた美しい絵画を3...
弁護士深水麻里
奈良弁護士会会員有志で、便利屋被害対策弁護団を結成しました。当事務所からは、谷野智彦弁護士、深水麻里弁護士が参加しています。 10月3日(月...
ニュース
平成27年10月5日(月)~11日(日)までの1週間 当事務所にて,「無料法律相談週間」を実施いたします。 各日,3分野について,無料でご相...
弁護士深水麻里
消費者法ニュース第102号に 匿名組合出資証券の出資金名目で支払わせた金額について、不法行為に基づく損害賠償請求を認めると共に、代表社員(法...
ニュース
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 法的紛争、法的問題を解決するには「心」と「経済」の解決が両輪であり、「経済」のうち、極めて大...