判例地方自治NO455(令和2年3月号)に、市税の滞納処分として行った差押処分が、超過差押に該当するとして、差押処分の取消を認めた奈良地平成31年2月21日判決が紹介されました。本訴訟の担当は深水麻里弁護士です。

  • 市差押処分取消請求事件
  • 当事務所の弁護士田中啓義の活動が毎日新聞で紹介されました。
  • 便利屋被害弁護団
  • 当事務所が,日経MOOK「相続&事業承継プロフェッショナル名鑑2018年版」に紹介されました。
  • 当事務所の瀧口勇弁護士が,日本経済新聞「事業承継・M&A弁護士50選」に紹介されました。
  •  当事務所所長である田中啓義が、「経営者の人生を守る!!」本音の話  菊岡正博著カナリアコミニュケーションズの帯紙にコメントを記載しています。
おすすめの記事
ニュース
誠に勝手ながら,弊所は,平成30年5月25日(金),事務所研修実施のため休業とさせていただきます。 皆さまには何かとご不便をおかけすることと...
弁護士深水麻里
判例地方自治NO455(令和2年3月号)に、市税の滞納処分として行った差押処分が、超過差押に該当するとして、差押処分の取消を認めた奈良地平成...