消費者法ニュース第102号に 匿名組合出資証券の出資金名目で支払わせた金額について、不法行為に基づく損害賠償請求を認めると共に、代表社員(法人)の職務執行者(自然人)について、業務を執行する有限責任社員の第三者に対する損害賠償責任(会社法597条)を認めた裁判例(奈良地方裁判所 平成26年6月20日)が掲載されました。

  • 便利屋被害弁護団
  • 中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業
  • ゴルフスタジアム被害相談会
  • 便利屋被害対策弁護団
  • 匿名組合
  • 行政訴訟の原告適格
おすすめの記事
無料法律相談ウィークを開催します
講演・セミナー
平成27年3月2日~6日の5日間 無料法律相談ウィークを開催致します。 是非、この機会にご相談ください。 事前に電話にてご予約ください。...
弁護士深水麻里
奈良弁護士会会員有志で、便利屋被害対策弁護団を結成しました。当事務所からは、谷野智彦弁護士、深水麻里弁護士が参加しています。 10月3日(月...
弁護士深水麻里
奈良弁護士会有志で結成された便利屋被害弁護団で取り組んでいた訴訟について、消費者契約法による取消と共に慰謝料請求等を認める全額認容の判決が出...